より道、まわり道

気まぐれな引用

王漁洋「江上(かうじゃう)」(全)(橋本循)

呉頭楚尾路如何

煙雨秋深暗白波

晩趁寒潮渡江去

滿林黄葉雁聲多

 

 

呉頭楚尾、路如何

煙雨秋は深くして白波暗し

晩に寒潮を趁うて江を渡って去けば

滿林の黄葉、雁聲多し

 

 

ごとうそび、みちいかん

えんうあきはふかくしてはくはくらし

ばんにかんてうをおうてかうをわたってゆけば

まんりんのくゎうえふ、がんせいおおし

 

 

 秋も深くなって、その上に雨は煙のように降り、長江の白波も、日の暮れで、ほのかにそれとわかるだけだ。江南(呉頭楚尾)道中の風景は、どんなことであろうか。と思いつつ晩に寒潮に乗って、江を渡って出かけたが、空からは雁の声が聞こえてくるし、地には満林の黄葉であった。