より道、まわり道

気まぐれな引用

屈原「九章 渉江(せふかう)」(『楚辭』より)(抄)(藤野岩友)

哀吾生之無樂兮

幽獨處乎山中

吾不能變心以從俗兮

固將愁苦而終窮

 

 

吾が生の樂しみ無きを哀しみ、

幽獨にして山中に處る。

吾は心を變じて以て俗に從ふ能はず、

固より將に愁苦して終に窮まらんとす。

 

 

わがせいのたのしみなきをかなしみ、

いうどくにしてさんちゅうにをる。

われはこころをへんじてもってぞくにしたがふあたはず。

もとよりまさにしうくしてつひにきはまらんとす。

 

 

おのれの楽しみもない生活を悲しみつつ、わたくしは独り山中に身を置いている。しかし、わたくしは心を変じて世俗に従うことはできない。もとよりわが身は愁い苦しみ、終には窮死するに至るであろう。