より道、まわり道

気まぐれな引用

陸游「兒(じ)に示す」(全)(前野直彬)

文能換骨餘無法

學但窮源自不疑

齒豁頭童方悟此

乃翁見事可憐遲

 

 

文は能く骨を換ふ 餘に法無し

學は但源を窮めて自ら疑はず

齒は豁く頭は童にして方めて此を悟る

乃翁事を見ること 憐れむ可く遲し

 

 

ぶんはよくほねをかふ

がくはただみなもとをきはめてみづからうたがはず

ははひろくかうべはどうにしてはじめてこれをさとる

だいをうことをみること あはれむべくおそし

 

 

 文学というものは、先人の作品を読んで、その骨格を入れかえて作ることができればよい。そのほかに文学の方法などというものはない。学問はただ根源をきわめさえすればよい。それ以外に学問の道があるかなどと、疑いを持たないことだ。——歯は抜け落ち、頭も禿げたこの年になって、やっとこれだけのことを悟った。ああ、おまえたちのおやじは、何事につけても、まったくのろまな男だよ。