より道、まわり道

気まぐれな引用

李白「酒を把って月に問ふ(さけをとってつきにとふ;把酒問月)」(抄)(青木正兒)

青天有月來幾時

我今停盃一問之

人攀明月不可得

月行却與人相隨

 

 

青天 月有って來幾時ぞ

我 今 盃を停めて一たび之を問ふ。

人が明月を攀づるは得可からず

月行 却て人と相隨ふ。

 

 

せいてん つきあってこのかたいくときぞ

われ いま はいをとどめてひとたびこれをとふ。

ひとがめいげつをよづるはうべからず

げっかう かへってひととあひしたがふ。

 

 

青天(あおぞら)に月が有ってこのかた幾歳になるであらう、自分は今、盃を停めて一たび之を問うてみる。人が明月をよぢ登ることは出來ないのに、月の運行は却って人と一緒に歩く。