より道、まわり道

気まぐれな引用

杜甫「垂老の別れ(すゐらうのわかれ;垂老別)」(抄)(目加田誠)

人生有離合

豈擇衰盛端

憶昔少壯日

遲廻竟長嘆

 

 

人生 離合有り

豈に衰盛の端を擇ばんや

昔少壯なりし日を憶ひ

遲廻して竟に長嘆す

 

 

じんせい りがふあり

あにすゐせいのたんをえらばんや

むかしせうさうなりしひをおもひ

ちくゎいしてつひにちゃうたんす

 

 

人生には、会うとわかれるとはつきもので、それには老年と若いときとの区別はない。しかし私は自分の若く元気だった日のことを憶い出し、心ためろうて立ち去りかね、結局長いためいきをつくのである。