より道、まわり道

気まぐれな引用

屈原「九章 渉江(せふかう)」(『楚辭』より)(抄)(藤野岩友)

陰陽易位

時不當兮

懷信侘傺

忽乎吾將行兮

 

 

陰陽は位を易え、

時は當らず。

信を懷いて侘傺し、

忽として吾將に行らんとす。

 

 

いんやうはくらゐをかえ、

ときはあたらず。

しんをいだいてたていし、

こつとしてわれまさにさらんとす。

 

 

陰と陽とは位置を変え、時世は正しくない。忠信を懐いてしょんぼりとたたずんでいるうち、ふと、わたくしは遠く去ろうと思った。