より道、まわり道

気まぐれな引用

屈原「九章 哀郢(あいえい)」(『楚辭』より)(抄)(藤野岩友)

心不怡之長久兮

憂與憂其相接

 

心 怡しまざること長久にして、

憂ひと憂ひと其れ相接す。

 

こころたのしまざることちゃうきうにして、

うれひとうれひとそれあひせっす。

 

わたくしの心の楽しまないことは、まことに久しく、憂いと憂いとが絶え間なく続く。

  

 

慘鬱鬱而不通兮

蹇侘傺而含慼

 

慘として鬱鬱として通ぜず、

蹇、侘傺して慼を含む。

 

さんとしてうつうつとしてつうぜず、

ああ、たていしてうれひをふくむ。

 

心はいたみふさがり、晴れることもなく、ああ、しょんぼりと立ち止まって憂いを内にこめている。