より道、まわり道

気まぐれな引用

屈原「九章 抽思(ちうし)」(『楚辭』より)(抄)(藤野岩友)

心鬱鬱之憂思兮

獨永歎乎増傷

思蹇産之不釋兮

曼遭夜之方長

 

 

心 鬱鬱として憂思し、

獨り永歎して傷みを増す。

思 蹇産として釋けず、

曼として夜の方に長きに遭ふ。

 

 

こころ うつうつとしていうしし、

ひとりえいたんしていたみをます。

おもひ けんさんとしてとけず、

まんとしてよのまさにながきにあふ。

 

 

心はふさがり憂いつつ思い、ひとりいつまでも嘆いて悲しみを増す。思いは乱れもつれて解けず、ちょうど秋の夜長にあい、つくづく長いのを感ずる。