より道、まわり道

気まぐれな引用

杜甫「岳陽樓に登る(がくやうろうにのぼる;登岳陽樓)」(全)(目加田誠)

昔聞洞庭水

今上岳陽樓

呉楚東南圻

乾坤日夜浮

親朋無一字

老病有孤舟

戎馬關山北

憑軒涕泗流

 

 

昔 聞く 洞庭の水

今上る岳陽樓

呉楚 東南に圻け

乾坤 日夜浮ぶ

親朋 一字無く

老病 孤舟有り

戎馬 關山の北

軒に憑って涕泗流る

 

 

むかし きく どうていのみづ

いまのぼるがくやうろう

ごそ とうなんにさけ

けんこん にちやうかぶ

しんぽう いちじなく

らうびゃう こしうあり

じゅうば くゎんざんのきた

けんによってていしながる

 

 

 昔から洞庭湖の壮観は話に聞いていたが、今思いがけずこの地に漂流して、始めて岳陽楼に上って眺めやる。呉・楚の地がこの湖によって、東南にひきさかれ、その水面ははてもなくひろがって、天地が日夜その上に浮かんでいる。思えば親戚朋友からは、一字のたよりだにもなく、老病のわが身には、ただ一葉の小舟があるばかり。山々にへだてられた北の故郷は、今も戦争が打ちつづいて、帰ってゆくこともできぬ。私は欄干(てすり)によりかかって、覚えず涙を流すのである。