より道、まわり道

気まぐれな引用

宗峰妙超『大灯国師養牛軽吟歌』

蓑(みの)はなし 其の儘(まま)ぬれて行程(ゆくほど)に 旅の衣(ころも)に雨を社(こそ)きれ

〈解釈〉旅の途中でしぐれに遇ったが蓑はない。そのまま歩いていると、まるで雨を着て歩いているようだ。