より道、まわり道

気まぐれな引用

吉原幸子「子守唄」(全)

もう
ねむりながらほほゑんだりすることは
できないかもしれない

生きることが 好きだったのに
たった三十年で
突然 あきてしまった

なぜ生んだ とひらきなほる
不満だらけのにんげんに
ゲンバク反対ができるものか
と思ってゐました

さて
じぶんの分だけあきてしまっても
ひとのいのち
ひとの倖せ を
いのることはできるかしら

これからの〈世界〉を やさしく好き
これからのわたしだけ 煩はしいのです

子よ
十年後のおまへたちの上 陽はうららかに
十年後のおまへに わたしが要らないといいのに——

泣くとすれば
よっぱらひに抱かれてほほゑみつづける幼な児のため
ほほゑみつづける幼な児を抱いたよっぱらひのため