より道、まわり道

気まぐれな引用

佐佐木幸綱

言葉とは断念のためにあるものを月下の水のきらら否定詞