より道、まわり道

気まぐれな引用

紀野恵

あはれ詩は志(し)ならずまいて死でもなくたださつくりと真昼の柘榴