より道、まわり道

気まぐれな引用

島崎藤村『春』

あゝ自分のやうなものでも、どうかして生きたい