より道、まわり道

気まぐれな引用

芥川龍之介『芋粥』

人間は、時として、充(みた)されるか充されないか、わからない欲望のために、一生を捧げてしまふ